RCカーの基礎知識

RCカーボディの切り取り方「ラジコンボディは指でパキンッ!でございます」

【アフィリエイト広告を利用しています】

 

今回ご紹介するのは「RCカーボディの切り取り方」です。

 

お嬢様
お嬢様
ねぇ、インディ

頼んでおいたラジコンのボディ作ってくれた?

執事
執事
おおまかなところはやっておきましたが…
執事
執事
お嬢様、たまにはご自分で作られたらいかがでしょうか?
お嬢様
お嬢様
私が不器用なの知ってるでしょ?

そんな難しいことできるわけないじゃな~い ムリムリ

面倒なことは執事にやって貰えるのが”お嬢様の特権”なのよ

 

執事
執事
お言葉を返すようですが、ボディを自分好みに仕上げるのはRCカーの大きな醍醐味。

「ボディを作りたくてラジコンを買ってます。走らせたこと? 1回もありません。」

という人もいるくらいです。

それに苦労すればするほど、より一層愛着も湧いてくるというものでございます。

お嬢様
お嬢様
はいはい、わかったわよ。

やればいいんでしょ、やれば。

まぁ、私が本気を出せばボディカットなんてチョロいものだわ。

じゃ、いくわよ✂

インディ:「STOP!お待ちください!

お嬢様:「何よ!突然大きな声出さないでよ!

あやうく指をチョン切っちゃうとこだったじゃない!」

 

執事
執事
ラジ子お嬢様、RCカーのボディはハサミ✂で切るものではございません。

❝ 指でパキンッ! ❞でございます

 

ラジコンのボディはカッター(ナイフ)と指で切り取る

お嬢様
お嬢様
インディ、何言ってるよ!

説明書もハサミで切ってるじゃない👇

図はハサミで切っていますが、、、

下には「ハサミやカッターナイフで」と書いてあります。

はじめてラジコンを作る場合、「ハサミのほうが切りやすいのでは?」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、案外ハサミで長い距離をキレイに切るのは難しいのでございます。

お嬢様
お嬢様
確かに直線をハサミで真っすぐ切るのは難しいわね。

どうしてもギザギザになりそう…

でも曲線はハサミで切るのよね?

インディ
インディ
いえいえ、フェンダーアーチなどの曲線も全てカッターナイフを使います。

※最近のタミヤボディは予めフェンダーアーチに切り込みが入っている物があります

お嬢様
お嬢様
せっかく曲線バサミがあるのに??👇
執事
執事
もちろん曲線バサミも使います。

ですが、主に細かいパーツや細部の仕上げに使用するのでございます。

基本はカッターナイフ(モデラ―ズナイフ)です👇

 

それでは「ボディの切り取り方法」を具体的に見ていきましょう♪



カッターナイフは”なぞる”だけでOK

ではお嬢様、実際にパーツを切り取ってみましょう。

と、その前に、

執事
執事
物分かりが悪いお嬢様のために、カッターナイフの基本的な使い方をご説明致します。
お嬢様
お嬢様
調子に乗ってディスってるんじゃないわよ!

 

カッターナイフでボディーを切り取る時は、

「カットラインをなぞって、指でパキンッ」が基本となります。

 

① カッターナイフで軽く切り込みを入れる

カッターで直接切断する訳ではありませんので、そこそこの力加減でなぞる感じでOK。

 

② 切り込み線に合わせて指で折り曲げる

※実際には「ぐにゅ」っとした感触のことが多いです。「パキンッ」は演出です。

1回で切れない時は、山折り谷折りを繰り返すと切れます。

無理やり引きちぎらないようにしましょう♪

 

③ キレイに真っすぐ切れました

お嬢様
お嬢様
案外簡単なのね✨

はやく本番行きましょうよ!

 

最初は大まかに切り取り、後から細部を仕上げる

ではお嬢様、このパーツを切り取って頂けますか👇

お嬢様
お嬢様
じぇじぇじぇ!

真っすぐじゃない・・・

くねくねして難しそうなんだけど💦

 

インディ:「お嬢様、心配は無用でございます」

はじめは「大まかに」「直線的に」切り取って、最後に細かい部分をハサミやナイフで仕上げればいいのでございます。

※点線の部分はハサミで切り込みを入れておくと指で折り曲げやすいです。

 

お嬢様
お嬢様
なるほど、じゃあやってみるわ💦


こんなものでいいのかしら??

執事
執事
不器用なお嬢様にしては上出来でございます
お嬢様
お嬢様
あなた、いちいち一言多いわ💢

 

ではお嬢様、次は指で折り曲げてください。

 

他の部分も折り曲げていきます👇

このままでは見た目が悪いですし、先が尖っていて危険です。

一緒に遊ぶお友達や、レースのマーシャルにケガをさせてしまうこともあります。

必ず丸みを付けましょう♪

 

ナイフや曲線バサミ、ヤスリを使って細部を整えて仕上げます👇

それらしく仕上がりましたね~

角も丸みがつきましたよ♬

※キズが入っているように見える部分は保護シートが少しめくれただけです

お嬢様
お嬢様
本当に私でも出来たわ(嬉)

何だか楽しくなってきちゃった✨

次のパーツはどれかしら♪

 

次はこちらでございます👇

お嬢様
お嬢様
なんじゃこりゃ!
執事
執事
それは松田優作でございますか?
お嬢様
お嬢様
松田?誰よそれ。

それより、この未知の物体は何なの?

切り取るのはの部分です。

このままでは作業が難しいので、まずは必要な部分を大まかに切り出しましょう。

 

執事
執事
お、お嬢様、、

相変わらずお嬢様は学習能力がありませんね…

いくら「大まか」とは言え、こんなにギザギザ、尖っていたら作業中にケガをしてしまいます。

お嬢様
お嬢様
本当にそうよね…

私には学習能力の欠片もないわ・・・って、、、

あなたさっきからバカにしすぎよ!

 

さて、今回のパーツ(カナード)は立体的な造形です。

でも基本的にカット方法は同じ。

立体的なので台を使ったり、テーブルの角を利用すると作業しやすいです。

先ほどと同じように、最初は直線的に切り取ります。

細かい部分を仕上げます👇

お嬢様
お嬢様
もう少し滑らかにしたいけど、

どうせすぐにぶつけて失くすからこの位にしておくわ サバサバ

執事
執事
そういう考え方もありますね💦

RCカーのボディは結構薄くて柔らかい

RCカーのボディは車種にもよりますが、思ったより薄くて柔らかいです。

特に上の画像の黄色線で示した部分は、カッターナイフを軽くなぞる程度でOKです。

 

逆に細かいパーツ部分は厚みがあるため、軽くなぞる程度では指で折り曲げることが出来ない場合があります。

パーツごとにカッターナイフでなぞる時の力加減を調節してください♪



まとめ:多少失敗しても、離れて観ればキレイ

RCカーボディの切り取りは簡単な作業ではありませんが、慌てずにゆっくりやればそれほど失敗するものでもありません。

作っている途中に「やべ~、曲がっちまったぁ~」と思っていても、

完成してみるとさほど気になりません。

ましてや、走行させる時には細部まで見えないですしね!

 

ただし、カッターナイフを使う時はくれぐれもご注意ください✌

 

タミヤRCカーグランプリ【VOL.15】の「まりえのRCに挑戦!!」というコーナーでボディの作り方が詳しく紹介されておりました👇

ちょっとインディ!

はじめからこの動画を観れば良かったんじゃない??

そうすれば、あなたにさんざん罵られることもなかったわ…

もう本当にクビ!クビ!クビ~!

※動画の19:10位からボディ制作のコーナーがはじまります

 

お嬢様
お嬢様
罰としてインディのお給料から、TRF420を20台買って貰ったわ。

スペアボディも20台分買って貰おうかしら。

みんなも世界に1台だけのオリジナルボディを作っちゃって♡

ではごきげんよう~

 

ボディの切り取りに便利な道具👇

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です