オプション・カスタム

ダンシングライダーのカスタム「おすすめオプションパーツはどれ?

 

みなさんダンシングライダーを楽しんでいますか~

 

 


画像出典:The RC RACER

 

ダンシングライダーは操縦感覚と走り方が独特でとってもかわいいですよね。

 

ノーマル状態のままでも楽しく走らせることができますが、せっかくならオプションパーツで自分好みに仕上げちゃいましょう。

 

ラジ子
ラジ子
カスタムすることで愛着が湧きます♡

 

ここではダンシングライダーに取り付けることで効果や満足感が高いオプションパーツをご紹介します。

※すぐに見たい項目があれば下の目次から選んでください。

 

gagamovieful」さんの動画ではお金をかけずに(主にレースで)走らせやすくする方法もアップされています。

【タミヤ・ダンシングライダー】超絶戦闘力アップ!その1

【タミヤ・ダンシングライダー】超絶戦闘力アップ!その2

 

ダンシングライダーにおすすめのオプションパーツ

ドレスアップ

ダンシングライダーは「速く走らせるぞい」というよりも、「カッコよく仕上げたい」という人が多いのではないでしょうか?

 

タミヤ純正のメッキパーツでピカピカにできます。

ギヤケース、フロントフォーク、フレームなど3種類あります。

メッキ、セミグロスメッキ、セミグロスクロームメッキと微妙に光具合をかえてあります。

 

ギヤケース周り👇

 

フロントフォーク周り👇

 

フレーム周り👇

 

ラジ子
ラジ子
全部メッキにしたくなりますが強調したいポイントで使うのもアリです✨

 

メッキホイールも👇

 

リアタイヤは「ワイドセミスリックタイヤ」のトレッドパターン(みぞの模様)がとてもカッコいいです。

ワイドタイヤを使うには、ホイールもワイド用にします。

が…

リヤのワイドタイヤ用メッキホイールにはセミスリックとピンスパイク用の2種類がありますのでご注意ください。

 

セミスリック用👇

 

ピンスパイク用👇

 

ホイールをかえたらブレーキディスクも取り付けたいですよね~

イーグル模型からピンホールタイプのアルミ製ブレーキディスクがリリースされています。

フロント1枚、リヤ2枚のセットです👇

インディ
インディ
足元が引き締まるぅ~🐾

 

 

ホイールを交換したらアクスルシャフトもかえたくなります。

アルミ製にすることで旋回性能のアップにつながります。

 

こちらはタミヤ純正オプションです👇

 

イーグル製はブラックです👇

 

 

さらに質感が高くて動きもスムーズなアルミ製フロントフォークもあります。

メーターも👇

インディ
インディ
ボディ(カウル)で隠れるのがもったいない💦

 

ベアリング

ボールベアリングで駆動ロスを減らすのがチューニングの第一歩♡

フルベアにすることで加速性能やトップスピードが向上します。

 

ダンシングライダーのフルベア化には、

1280ベアリング ×2個
1060ベアリング ×8個
630ベアリング ×4個

が必要です。

 

こちらはタミヤ純正オプションのセットです👇

 

イーグル模型のセットです👇

 

Powersからはヤーレーシングテフロンベアリングセット ベアリングオイル付がリリースされています。

※画像はイメージですので製品によってベアリング入数がかわります。

 

ステアリング系(サーボホーン、ステアリングリンケージ)

樹脂製のノーマルサーボホーンをアルミ製に交換することで「シャキッと感」がアップします。

 

タミヤ製は青いですが👇

 

イーグル製はブラックになっています👇

 

 

次はステアリングリンケージです。

ノーマルは片方だけのリンケージになっています。

これをダブルにしてあげることでステアリング操作の安定につながります。

 

こちらはタミヤ純正オプション👇

 

社外のチタン製です👇

「P-T301-09 チタンターンバックルステアリングリンケージセット」で検索してみてください。

ロッドエンドが元々ついている部品のように「くねっ」と曲がっているのがポイントですね。

 

 

最後はステアリングと連動して動く「起き上がり用のサポートアーム」です。

標準は樹脂パーツになっています。

これをオプションパーツにかえることで「起き上がり動作をいっそう確実にします」とのこと。

 

タミヤ純正オプション👇

 

イーグル模型のものは先端が丸くなっています👇

 

サーボを交換したいんだけど?

ダンシングライダーに自分の好きなRCメカを組み合わせる場合、使用するサーボによっては装着に少々コツがいります。

プロポメーカーのSANWAとKOのブログで丁寧に説明してあるので参考にご覧ください。

ダンシングライダーのお話(KOプロポ)

タミヤDANCING RIDERのメカ積みポイント 1/2(SANWAプロポ)

タミヤ DANCING RIDERとサンワ MX-Vの基本セッティング 2/2(SANWAプロポ)

ダンシングライダー メカグレードアップ編(SANWAプロポ)

 

モーター

ダンシングライダーには370タイプのモーターが装着されています。

「ノーマルのスピードに慣れてきたらモーター交換」

「ブラシレスでパワーアップ!」

したいところですが、

ギヤや駆動系のパーツが壊れやすくなったり、ブラシレス専用ESC(アンプ)が必要になるので初心者にはちょっと敷居が高いです。

 

それでもモーターを交換したい人におすすめなのがタミヤスポーツチューン370です👇

「RK370SD スポーツチューンモーター(丸型ギポシコネクタ仕様)」で検索してみてください。

だいたい1,100円くらいで買えます。

 

ただしスポーツチューンはメーカー推奨のパーツではありません。

モーターをパワーアップすれば確実に内部のギヤやパーツが壊れやすくなります。

ラジ子
ラジ子
適度な速度でワイワイ走らせるのがダンシングライダーの楽しみ方かな~と思いますよ♡

 

パワーアップしたい方は内部のギヤやリヤシャフトの強化も必要になってきます。

 

ダンシングライダー用デフジョイントカバー

ダンシングライダーのデフジョイントはノーマル状態でも破損しやすいと言われています。

対策として「グラステープ」を巻き付けたり、内径8㎜のアルミパイプをカットしてかぶせる方法が定番です。

 

スクエアからも専用品が販売されています👇

 

こちらの記事で詳しい装着方法が紹介されています。

ダンシングライダーのデフジョイント補足

 

まとめ

ラジ子
ラジ子
市販パーツを組み込むだけでなくオリジナリティのあるボディを作り込むのも楽しそう~

 

 

View this post on Instagram

 

@tamiya_worldrc 👑🌠😎👍 #dancingrider #tamiya #rckingstar

Andy Kingstar Kingさん(@rckingstar)がシェアした投稿 –

 

トリプルホイールシリーズ第2弾として、「デュアルライダー」が登場!!

→デュアルライダーの価格・OPパーツ「ダンシングライダーとの違いは?」

 

ラジ子
ラジ子
自由なカスタマイズでもっとダンシングライダー&デュアルライダーを楽しんじゃえ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です