ニュース&トレンド

レディオババ「ラジ子のラジコンストーリーvol.1」

 

高梨店長
高梨店長
ゲホォッ、

青汁を飲めば人生が変わる✨

みんさんこんにちわ、ババのタカナシです。

今日はね、ゲストをお呼びしているんですよ!

 

高梨:ラジコンウェブサイト「LOVE RC CAR」を運営している”ラジ子”さんに来て頂きました。

 

ラジ子
ラジ子
どうも、ラジ子です。

ペコり



 

高梨店長
高梨店長
今回は、ラジ子さんの「ラジコンストーリー」を伺いたいと思います。

 

高梨:まずはラジコンとの出会いから教えてください。

 

ラジ子:出会いですか。えーっと、初めての出会いは父親が持っていたラジコンです。

父はラジコンをたくさん所有していたのですが、その中でも印象に残っているのが「タミヤ マクラーレンホンダMP4/6」ですね。

 

高梨:お父さんがラジコンにハマってたんですね。

 

ラジ子:ラジコンというより、色んな趣味があってその中の1つでした。

特にのめり込んでいたのは実車の四輪レースだったと思います。

 

高梨:なるほど。

では小さい頃からお父さんと一緒にラジコンをしていたんですか?

 

ラジ子:いえ、私の父親は「女の子がやるものじゃない」という価値観だったようで、操縦させてもらえませんでした。

でも父親がいない時に趣味部屋に入って眺めたり、走る真似?「ブイーんっ」とかやってましたが♡

 

高梨:じゃあラジコンを買ってもらうこともなかったんですね。

 

ラジ子:1度「ラジコンが欲しい!」とおねだりしてみたら、「ラジコンじゃなくてピアノをやりなさい」と習いに行かされましたね~

 

高梨:ピアノですか?

 

ラジ子:はいピアノです。

そうそう、ピアノを習うと発表会ってあるじゃないですか?

私が通っていた教室の発表会は、5階か6階建てくらいのビルみないな建物が会場だったんです。

で、そこには真っ白な石が敷き詰められた中庭があったんですよ。

何て言えばいいんですかね、四方を囲まれた”吹き抜け”の中庭です。

 

高梨:あ~、なんとなくわかります。

👇こんな感じってことですね。


※実際にはもう少し広くて、真っ白な石が敷き詰められているだけ

 

ラジ子:そうです、そうです、そんな感じの♪

 

高梨:その庭が何か?

 

ラジ子:その庭は、本当に綺麗な真っ白の石が敷かれてるんですが…

なんか暗いんですよ。

 

高梨:吹き抜けなら明るいんじゃないですか?

 

ラジ子:はい、明るいことは明るいんですが雰囲気が暗いというか…

それである時「なんか、いやだなァ・・・」と思いながらその中庭を覗いていたら、「スーッ」と人影のようなものが通ったんです。

「あれぇ?なんだろう・・・誰かいたのかな? いやおかしいなぁ、それにしちゃあ出入口らしいものがないし…」

 

それで母親に「誰かいたのかな?」って聞いてみたんです。

そしたら、

母親:あんまりその中庭を見ちゃダメだよ。

って。

「どうしてなの?」と理由を訊いても、曖昧に返事をするだけで…

 

後でわかったことなんですが、その建物の屋上から、中庭に飛び降りる人が度々いたそうなんです。

もちろん屋上の出口には鍵がかけられていますが、なぜか鍵が開けられて…

 

それからしばらくして、その建物は取り壊され、発表会は大きな劇場で行われるようになりました。

今でもあの人影が何だったのかよくわかりません…

 

高梨店長
高梨店長
あの~、ラジコンストーリーを…
ラジ子
ラジ子
あれ?何でこんな話になったんでしょうか?

ペロっ

高梨店長
高梨店長
とりあえず続きはまた次回ということで…

「バーバ♪」

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です